FX投資で利益を実感できるまでの期間

FX投資は利益と損失のどちらを実感しやすいのか

FX投資の特徴から

FX投資はその他の投資と比べて特徴的なルールがいくつかあるため、そこで損失と利益の実感に違いが生じることも多々あるもの。
例えばスプレッドの仕組み等はFX投資の特有ルールと言えます。
一般的にFX投資は取引手数料が無料。
スプレッドを手数料と同義語だと思っていると、このルールから損失へのイメージにつながることもあるでしょう。
スプレッドは手数料というよりも、その試合会場に入るための入場料と覚えておくべき。
そしてその入場料を払うべき環境かどうか、これが損失と利益に影響します。
スプレッドは一律ではありません。
通貨ペアで異なる場合、また時間帯によって変化します。
そのため、払うべき入場料なのかを見定めることは、後の損益の実感へとつながるのです。

利益と損失のどちらを実感しやすい

FX投資の損失と利益、どちらを実感しやすいというところでいえば、せっかちな性格の方から見ればFX投資は先に損失を感じることが多い取引と言われています。
損して得取れという言葉がありますが、FX投資はそんな表現が似ている取引なのです。
例えばFX投資で、注文の際に生じやすいスリッページ。注文の発注から約定までの間に発生した価格のズレをいいますが、このズレは実際に取引を続けていく中である程度想定することが出来ます。
ですが、経験が無ければ理解すらできません。
最初はこうした作業の中で、いくつかのロスを感じるもの。
しかし、経験していくことでその予測が経ち、分析力も見について、適切な取引が出来るようになりそれが生かされて利益を実感することが出来るようになる。
こうして継続することこそ、FX投資の儲けへとつながるのです。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ