証券会社によって違う信用取引が出来る資格いろいろ

証券会社によって信用取引の手数料が異なる

株式の購入においては、預け入れている金額で株式を買い付ける現物取引と、預け入れている金額を証拠金として、より多くの金額で信用売買ができる信用取引があります。 信用取引には、買いから入るだけでなく、売りから入ることもできるため、より戦略的で利益を得るチャンスが多くなるメリットが大きいと言えるでしょう。また、証券会社によっては、証券取引所が設定している条件とは別に、証券会社独自の信用取引ルールを設定していますので、信用取引を利用する場合は、自分の投資スタイルに合った証券会社を選ぶことが大切です。 例えば、証券会社によっては、信用取引における取引金額によって売買時の手数料が異なっており、ある証券会社では1日の取引金額が10万円未満であれば、手数料は無料というケースもあります。何度も繰り返し売買をする場合は、1回あたりの手数料が出来るだけ少ない証券会社で取引をすることが効率的ですし、長期的に見てもお得です。

貸株の手数料や金利も異なる

信用取引の信用買いにおいては、自分が預け入れているお金よりも多くの資金を証券会社から借りて買い付けする仕組みですので、当然借りている金額に対しては金利が発生し、その金利分のお金を証券会社に支払う必要があります。この信用買いの際の金利に関しては証券会社ごとに設定が異なっていますので、投資効率を考慮すると、当然安い金利設定にしている証券会社が望ましいでしょう。 また、信用取引に特有の信用売りの取引に関しては、手元にない株券を証券会社から借りることになりますので、貸株料という手数料が発生します。こちらの貸株料についても、各証券会社独自で設定されていますので、出来るだけ貸株料の少ない証券会社を選ぶことが賢明です。 信用取引には、様々な手数料や独自の費用が必要になり、証券会社においても顧客獲得のために、信用取引における手数料を変更することも考えられますので、日々その動向についてチェックしておくことも大切です。