金利、追証、リスクも知っておくべき事柄

現物取引と信用取引の違い

株式投資の仕方には、現物取引と信用取引に大きく分類してされます。現物取引とは、証券会社に預け入れた金額の範囲で株式を購入する一般的な方法で、購入した株が万が一無価値になったとしても、損失額は購入した代金の分に限定されます。例えば、株価が500円の株式を100株購入した場合、50000円の購入費用がかかりますが、その会社が倒産して上場廃止になった場合は、最大損失額が50000円となり、それ以上の損失には至りません。 信用取引では、預け入れている金額を証拠金として取り扱い、その金額よりも大きな金額で株式を売買することができます。例えば、証券会社の信用口座に100万円を預けていると、概ね300万円の枠で株式を売買できるようになり、より多くの取引が可能になります。信用取引を活用することで、より多くの投資家がより多くの取引を行うことができ、株式市場を活性化させているので、証券会社も信用取引を活用するようにアピールしている部分もあります。

信用取引のリスクについて

信用取引には、自己資金以上の取引が出来るので、現物取引よりも効率的に利益を狙えるというメリットがあります。また、信用取引にはもう一つメリットがあり、株式を売りから入る信用売りという取引できるという点です。信用売りの場合、下がると思った株式を証券会社から借りて来て市場で売却したのち、予想どおりに値が下がった時点で株式を買い戻すことで差額を利益とすることができるので、業績の悪い株式をターゲットにすることができるのです。 しかし、信用取引とは基本的に、自分の資金以外のお金を利用し、自分のものではない株券を利用するので、信用買いでは金利が発生し、信用売りでは貸株料などの手数料が発生します。また、信用取引で売買した株式が想定とは逆の方向に値が動いた際は、預け入れている金額の一定割合の含み損失額に到達した場合に、追証と呼ばれる追加で差し入れる証拠金が発生することになりますので、想定外のリスクに備えて余裕資金を確保しておくことが重要です。