信用取引ってなんだろう

信用取引で身の丈以上の取引が可能に

株を購入したいのだけれど、資金が足りなくて手に入れることができない、ということが良くあります。信用取引というのは、こうしたケースに適した取引方法であり、身の丈以上の取引を可能にすることができる取引方法です。信用取引というのは、簡単に言ってしまえば、お金を借りて株式の取引をするということです。信用取引であれば、その時持っている資金の3倍の取引をすることができるようになるのです。 一般的に株式の取引というのは、安いときに株を買って、高くなったら売ることによって利益を上げる方法ですね。しかしこの場合、手元に100万円しかなかったら100万円分の取引しかできません。つまりこのままだと、取引の幅が非常に狭いわけです。なぜなら信用度の高い株というのは当然値段も高いわけで、そうなると安い株しか取引きすることができなくなるからです。信用取引の場合、手元に100万円しかなくとも、300万円クラスの取引が可能となるので、その分だけ取引の幅を広めることができるわけです。

株価の上下に左右されない

株式取引というのは、とかく株価の上昇や下落に一喜一憂しなければいけないものです。現物株の場合は、株価が上昇すれば利益が上がり、株価が下落すれば損をするという非常にわかりやすい構図ではありますが、利益の上げ方も一定的なものになってしまいがちです。しかしながら信用取引というのは、株価の上下に左右されることなく取引ができる方法なのです。 信用取引では、信用売りという取引方法をすることができます。信用売りというのは、株価が下がった時に利益を上げることができる取引方法であり、これによって現物株取引ではできないようなことができるようになるのです。すなわち、信用売りというのは、株価が下がりそうだというときに株を借りて、まずそれを売ってしまいます。その後、実際に株価が下がったら同じ株を安く買い戻して、株を返せば利益を上げることができるというわけです。株式というのは相場が下落したら何もできなくなってしまうものですが、信用取引をすることによってより取引に幅ができ、相場が落ち込んでいる時であっても利益を上げることができるようになるのです。